ISFJ

擁護者型の「ISFJ」と相性が良い相手と悪い相手

ISFJと相性が良いMBTI

ポイント

・ENTJ
・INTP
・ISTJ
・ESFP
・ISFJ

・INFP
・ESTJ

ENTJとISFJの相性は最高で、この関係性は補完関係になります。ENTJはISFJの親切心や過去と現在を結びつける力による関連性の把握を尊敬し、ISFJはENTJの頼れるリーダー的気質と合理的な部分を尊敬します。
相互理解が進めば進むほどに互いに尊敬し合い、お互いの短所をお互いが補うことでかなり強力なチームワークを発揮します。特に結婚のパートナーともなれば最高の相性です。

INTPとISFJの相性は良く、この関係性は成長を見込める関係となります。INTPはISFJの親切心や真面目な部分を尊敬し、ISFJはINTPの頭の良さや独自の哲学論を持つ部分を尊敬します。もちろん認知機能に違いがあり、お互いの短所がお互いの長所であるため容易に相手と同じことをしてもうまくできません。しかし、この関係性から学べることは非常に多いです。

ISTJとISFJの相性は良く、お互い初対面の内から「なんか親近感がが湧くな…」という気持ちになることが多いです。とはいえ似た者同士の為同じような部分で失敗し、革新性のある改善策を取らないことが多く、あまり成長は見込めない関係です。リラックスできる関係としては良い相性です。

ESFPとISFJの相性は良く、外向性と内向性の違いはあるものの、似た者同士ですぐに仲良くなれます。しかし、この関係の短所としては、たがいに感情優先のため、代替え機能である思考が働きにくくなる関係性でもあります。そのため、思考優先のキャラを取り入れてバランスを測るのが良いです。

ISFJとISFJの相性は良く、同じタイプなので初対面から「この人自分と似ている」となってすぐにでも仲良くなれます。共通の話題に盛り上がり、同じ部分に共感することも多いです。しかし、同じMBTIのタイプの欠点として成長が全く見込めないということです。お互い同じ部分で躓き、同じような対策を打つことから革新性に欠けます。そのためこの関係に必要なことは別の性格のキャラクターを取り入れることが重要です。

INFPとISFJの相性は良く、この関係は相性が良く、INFPが一方的にISFJに対して尊敬を抱く関係になります。INFPは自分の改善したい部分、コンプレックスでうまくできない部分を簡単にこなすISFJに憧れを抱くからです。時にISFJはINFPのことを下に見ることもあるかもしれませんが、相互理解が進むとお互い良い関係になれます。

ESTJとISFJの相性は良く、初対面から惹かれ、共通の話題で盛り上がることも多いです。しかし、相互理解が深まると反発することもあります。外向的と内向的の違いによりお互いに理解できないことや譲るこができないことがあるからです。とはいえ成長を望める関係でもあるため相性は良いです。

ISFJと相性が普通なMBTI

ポイント

・ENFJ
・ISFP
・INTJ

ENFJとISFJの相性は普通で、友達としては良い関係であり、仕事仲間としてはあまり良くない関係です。一見お互いサポート気質で人のために行動する部分が似ていることもありますが、同じ目標に向かって協力しあうときに「この人何やってんだろ」と思うことが多くなります。

ISFPとISFJの相性は普通で、初めの印象は良く、すんなり仲良くなることもありますが、相互理解が進むごとにお互い下に見る関係にあるため、どちらかが優位性を取ると一気に仲が悪くなる場合があります。この違いはISFPの個人プレイかISFJの組織重視プレイかの違いが大きいです。

INTJとISFJの相性は普通で、お互い補完関係にある関係で成長が望める関係でもあります。INTJはISFJの親切さや損得勘定抜きに人をサポートできる部分に惹かれます。ISFJはINTJの合理的な部分に惹かれます。しかし、相互理解が進むごとに「なんか思っていた人と違う」と感じるようになりますので、相性は可もなく不可もなくといったところです。恋人関係ならば自然消滅する関係です。

ISFJと相性が特殊なMBTI

ポイント

・ESTP
・ENFP
・ISTP

ESTPとISFJの関係は特殊で、ISFJはESTPに興味を持つことが多いです。ESTPもISFJに興味を持つこともあります。しかし相互理解が進むとISFJがESTPに対して優位性を持つようになることもあり、ESTPは息苦しく感じることもあります。行き過ぎた関係にならなければかなり良い関係になれます。

ENFPとISFJの相性は特殊で、ENFPが一方的にISFJに興味を持つことが多いです。しかし、相互理解が進むほどにISFJはENFPに対して拒絶を示すようになるかもしれません。もっともENFPの身勝手な部分があまり好きになれないことも多いです。

ISTPとISFJの相性は特殊で、ISFJはISTPにたいして一方的な憧れを持つことが多いですが、ISTPはISFJのことを下に見ていることが多いです。とはいえISFJの成長には大きく影響を与えることも多く、ISFJにとっては良い関係と言えます。

ISFJと相性が悪いMBTI

ポイント

・INFJ
・ESFJ
・ENTP

INFJとISFJの相性は普通で、この関係は相互理解が進むごとに「なんか違う」と感じやすい関係です。特別相性が悪いというわけでもないですが、どちらかというと相性は悪いです。

ESFJとISFJの相性は悪く、サポート型と似た者同士でありながらも内向的と外向的の違いにより相互理解が進むごとに「なんか違う…」と感じやすいです。特にISFJはESFJの相手に自己開示を求める部分がイライラする一方で、ESFJはISFJの内向的な部分にイライラすることが多いです。適度に距離をとって付き合うのが良いです。

ENTPとISFJの相性は最悪で、ENTPはISFJの真面目で優しい部分に対して偽善者だと思う部分があり、ISFJはENTPのルールの穴をついて楽をする部分や言葉巧みに得をしようとする部分に嫌悪感を感じることが多いです。また、相互理解が進むごとに衝突しお互い嫌悪感を持つようになるため、いっそのことお互い距離をとって関わらない方が良いです。相手が何をしてもお互いイラつく関係です。

-ISFJ