近年では、ニートを対象にした就職支援サービスを行っているところが、珍しくないといいます。

今では一般的な用語となっているニートですが、ニートとはどんな人を意味するのでしょう。

ニートとは、学生の身分ではなく、何らかの仕事をしておらず、職業訓練中でもない人というニュアンスになっています。

Q
家族や身近な人がニートになった場合は無理やりにでも追い出したり、無理に仕事させたりした方がいいのか?という疑問も生まれますよね?
A

結論を言うと、ダメです。
ニートの種類は複数ありますので、それぞれのニートに合った対策をしなければならない

というわけで、まずはニートになるきっかけからご紹介します。

スポンサーリンク

ニートになるきっかけとは?

家族・仕事・恋愛・学校がきっかけとなる場合がほとんど

ニートになるきっかけでほとんどを占めているのが家族・仕事・恋愛・学校の4つに関係することがほとんどです。

家庭の都合や心身とのかかわり、資金面での問題でニートになる人もいて、背景にあるものはそれぞれ異なります。

どんな仕事をしたいかは明確だけれども、年齢的な問題などで採用されないことが原因でニートになる人もいます。

なぜニートになったか、様々な理由が内包されていることがありますが、家族や身近な人にはそれがわからないこともあります。

その人の背景にあるものが理解できないとニートに対して、ただ怠けているという印象を持つこともあります

しかし、ただ怠けているだけなのか、本当に働けないのか、親がお小遣いをたくさんくれるから本人が働く必要性を感じないなどなど、原因は多数あります。

しかし、ただ単純に怠けているだけでニートをしているという理由はあまりありません。

何か必ず原因があります。

ニートになりやすい人

何かきっかけがあればニートになってしまう可能性のある人の特徴についてご紹介します。

親や他人が何とかしてくれるという考え

ニートの家族がニートを容認している、甘やかしすぎた

世間一般的なニートに対してのイメージは、このイメージが強いことでしょう。

危機的状況に陥っても、自分自身で何とかさせようとせず、親や周りの人が手取り足取り甘やかしてし待った。

こういう場合自分の力で何か成し遂げる意義を失ってしまいます。なので、なにかあっても他人がなんとかしてくれるという考えを持っています。

プライドが高い人

プライドが高く、人から否定されたりすると異常に傷ついたり、怒られたりすると、自分が悪くても言い訳をしたり、逆切れをしたりする人

実力がないのに見栄をはってしまう

自己肯定感が低い人

自己肯定感が低く、「自分は何をやってもダメな人間だ」等ネガティブなタイプの人間です。自己肯定感が低いと悪い人間に騙されたりする可能性もあります。

人とコミュニケーションをとる事が苦手な人

このタイプの人間は学校や会社であまり目立つ存在ではなく、「学生時代に青春という言葉とは縁がなかった人」です。

人とコミュニケーションがとる事が苦手な人は、かなりピーキーな性格で

・めちゃくちゃ成功する人
・ニートになる人


このどちらかに別れている率が高いと言われています。

成功している有名人

・ビル・ゲイツ
・J・K・ローリング
・エイブラハム・リンカーン
・クリスティーナ・アギレラ
・エレノア・ルーズベルト
・コートニー・コックス


これらの成功者は内向的性格の成功者のほんの一部にすぎません。

一人の時間が好きな内向的な人は考えることを得意とし、成功者の共通点として「学生時代にロクな経験をしなかった人」というのは興味深いですよね。

これは内向的性格の特徴が関係しています。

詳しくは別記事にて詳細書こうと思いますが、とにかく外交的性格に比べ、内向的性格は育ってきた周りの環境に左右されやすく、

対照的に、目標がなく正しい環境や師に巡り合えなかったひとはニートになりやすいです。

ニートの種類、ニートになる原因を解説

ニートになるきっかけは家族・仕事・恋愛・学校にありますが、あくまでそれはきっかけでありニートになる原因はもっと深い部分にあります。

ニートの背景には様々なものがあります

身近な人がニートになったらどうすればいい?

身近な人がニートになった時の対策は、状況により対策が変わります。

注意点

まず単に甘えているだけのニートだと思って追い出したら、

実は「社会に適応できずににーとになってしまった」「何か病気を抱えていた」などだった場合、最悪の結果を招く原因となりますので、

まずはその人がどのタイプのニートなのかを知る必要があります。おおまかに分けると下記になります。

3種類のニート

1.単に甘えて怠けているだけの健康ニート

2.自分の性質により、社会に適応できずニートになった人

3.何か病気を抱えており、働けない人

1.単に甘えて怠けているだけの健康ニート

危機感を持たせ、自分自身で行動するように誘導する

世間一般的なイメージである単に甘えているだけのニートは少数なのは知ってましたか?

甘えているだけのニートはとっとと追い出しましょう。

ニートも「家族や周りの人が甘やかしてくれている」「親がいる限り生きていける」とわかっているはずです、その場を乗り切ればそれでいいという短絡的考え、楽天主義者的考えがあります。

危機的状況に陥いり、そこからどうすれば這い上がれるのかを1人で経験してこなかった人です。

こういう人は、危機的状況になると必ず親や周りの人が助けてくれますので、頭を使って考えることをせず、解決策や計画を立てる能力が低いままです。

他人が助けてくれることを学習しているから、働く必要がないと思ってしまっています。

頭を使うことが少なくなったので、前頭葉が弱くなり、感情を抑えることができず、怒りやすくなります。

良く映画やドラマで引きこもりニートが親に逆切れする描写があるのはある意味科学的には間違っていないと言えますね。

このタイプのニートは半分本人の責任ですが、半分は甘やかした親の責任です

とっとと危機的状況を与えましょう。

2.社会に適応できずにニートになった人

このタイプは向き不向きが顕著であり、その人に合った仕事を一緒に考えてあげることが大切

社会や学校で頑張ったものの、何かのきっかけで挫折してしまって世間とのかかわりを経ってしまうタイプです。

このタイプの人は、本人は不器用であるものの本人にも家族にも責任はなく、周りの人はその人にあった仕事を用意してあげることが大切です。

よくあるパターンとしては、他人と関わることが苦手な内向的性格の人です。注意点は、「自分が他人と関わるのが苦手なのは、自分の責任だと責めてしまっている」ことが多いです。

内向的性格は生まれ持った気質であり、自分のせいでも親のせいでもありません。

このタイプは生かすも殺すも環境次第の部分があり、その人に合った仕事を一緒に考えてあげることが大切です。

3.何か病気を抱えており、働けない人

仕事よりもまず病気を治すことに尽力すること

このタイプのニート(ニートという言葉は不適切かもしれません)は、まずは病気を治すことに尽力しましょう。

このタイプには頭ごなしに怒ったりはしてはいけません。相手の辛さを理解するように努めましょう。

最近は、一般企業で働いているような人でも、パニック障害やうつなどの疾患を持つ人が多くなっています。

まずは病気を治してから、無理のない程度に就職活動をするべきです。

そのため、精神面から人を支えていく仕組みづくりが重視されています。

ニートになる理由は様々

このようにニートには様々な背景があります。

仕事が続かない理由を持っている人は、新しい仕事を始めたくても、思うようにはいきません。

就職支援サイトの中には、ニートの人が仕事を探しやすいようにニートの人に紹介できる求人を分類分けしていたりします。

ニートに対して就職活動を後押しするようになったのは、どういった理由が考えられるのでしょう。

ニート期間は長ければ長いほど抜け出せない

ニート期間がながければながいほど、仕事を見つけるのは大変になります。ニートからの就職活動を行う場合、30代に入る前に行動に移すようにしましょう。

ニート期間が長いと、それだけ外に出るのもおっくうになっていきます。

どんどん自分の中で外の世界に対する恐怖が増えていきます。

しかし、何かのタイミングで外に出ることができれば、外の世界はそんなに怖いものでもないと希望を少しでも持つことができるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか、ニートに対しての理解は深まりましたか?

映画やドラマで見るような、ただ怠けているニートは実際には少数です。

それぞれのニートに合ったサポートをしてあげましょう。

しばらくニート期間が長かった人は、正社員は難しいことが多いですので派遣社員から初めて見るのがお勧めです。人材派遣会社へ登録するメリットとは?おすすめ派遣会社4選

お勧め記事

就職活動が終わらない、そんな時人材派遣会社へ登録するメリットとは?おすすめ派遣会社4選

派遣のメリットとデメリットとは?正社員との違いとオススメの派遣サイト