新卒採用で見られる最も大きなポイントは、スキルや学歴ではなく人間性です。

新卒の学生は、社会人としての知識も実績も何もありませんので、そもそもスキルは期待しません。

企業の方でも何度か新卒採用を繰り返していれば、育成に関するノウハウは構築されていいます。なまじ、他の会社の手癖ややり方が身についている人よりは、真っ白な状態の相手に一から教え込んでいくほうが企業としては望ましいこともあります。転職を希望する中途採用者ならまだしも、新卒で入った人は、社会人の常識はこれから教えればいい話です。かつては、いい大学を出ていい学歴があったほうが採用はされやすかったものですが、最近では学歴以外の要素を重視する会社も増加してきています。

新卒を採用する企業の担当者も人物の選考その部分は熟知しているため、あくまでも学歴は参考程度に見るくらいに留まっています。昔はそうでもありませんでしたが、今ではスキルや学歴は、新卒採用では優先順位が下がっています。

新卒を採用する際に一番重要視しているのは、実は非常に基本的なことかも知れませんが、人間性なのです。同じ会社に勤め、同じ目的を持つ同士として、共に働ける人を企業は探しています。1日の大半を一緒に過ごす社員同士として、よりよい関係を構築していける人かどうかが、新卒を採用する時には重視されていることです。新卒で就職活動に取り組むなら、素直さ、協調能力、コミュニケーション能力の高さが有利になります。