avatar
転職したいけど、いきなり収入がなくなって不安だし、転職活動が長引いたらどうしよう、、、

会社を退社した場合には収入が無くなり、生活していけるかどうか誰でも心配になるものです。
ローンの返済途中の人や子育て中の人は、収入を確保しないとお金が一方的に出ていってしまうばかりです。

頑張って転職活動をして、次の仕事につこうと思っても、いい求人がなかったり、先方の反応がよくなかったりと思うようにいかないこともあります。

収入がないのに支出はあるという状況では、貯金がみるみるうちに少なくなっていって、精神的なストレスも積み上がってきます。

職を失ったら、すぐにでも再就職をしたいという人は大勢いるでしょう。

そういうときの為に失業手当という制度がある事を覚えておきましょう!

スポンサーリンク

失業手当とは?

全ての正社員は雇用保険というものに入っています。

そういう人の為に失業手当という制度があります。しかし、何も手続きしないと貰えるものももらえません。こういった制度があると知らずに大変な思いをする人もいます。

すぐに仕事が見つかるかどうかもわからないわけですから、再就職先を探すのと同時に失業保険を受給できるように手続きをしましょう。

万人が失業保険をもらえるわけではありません。まずは失業保険の手続き用書類を揃えます

失業手当は、もらえる人ともらえない人とがいますので、自分はもらえる側なのか、今の仕事をやめる前に把握しておく必要があるでしょう。

失業保険がもらえる人・もらえない人

失業手当をもらうためには、ハローワークが定める失業の状態でないと受給できません。

いろいろ分かり易く言うと↓

転職して失業手当がもらえる人とは、雇用保険に入っており、会社に通算して1年以上働いている人は需給の対象となるという認識でもOKです。

そしてさらに、離職票(辞めてから1週間から3週間ほどで会社から送られてくる)を受け取りハローワークで申請すると、転職に際する講習というものを受けるはずです、講習を受けたその日から7日間の待機期間というものがあります。

さらに待期期間を終えた後から条件により、1か月後から受給できるか、3か月後からなのか変わります。

失業保険が今すぐもらえるというわけではありません。

待期期間とは申請した日からではなく、講習を受けて失業手当の手引きをもらってから7日間です。
離職票が送られてくるまで結構時間がかかる場合があります。

勤めていた会社により送付が1週間から3週間ほどかかります。

avatar
あまりにも離職票が送られてくるのが、遅い場合は辞めた会社に催促の電話を入れてやりましょう!

失業保険の受給できる速さは2パターンあります。

一般の離職者の場合

主に自己都合でやめた場合(理由がない場合)は一般離職者となります。
転職でやめた場合、ほとんどこの一般離職者に当てはまります。

「離職日以前2年間に、12ヶ月以上の被保険者期間」の場合が適用されます。

つまり会社に入社した日から1年後に辞めても受給対象者となります

失業手当がもらえるまでに、待機期間が終了したのち3か月後からもらえます。

特定理由離職者の場合

自己都合でやめたとしても、理由があり辞めざる負えなかった場合この特定理由離職者に当てはまります。

・クビになった場合
・出産や育児により働くことが難しくなり、受給期間の延長措置を受けた人
・介護など、家庭事情により離職した人
・家庭の事情で単身赴任等ができず離職した人
・震災や特定の理由で、物理的に通勤できなくなり辞めるに至った場合
・希望退職者の募集に応じた人
・働いていた会社が倒産した場合

「離職日以前1年間に、6ヶ月以上の被保険者期間」の場合適用されます。

失業手当がもらえるまでに、待機期間が終了したのち1か月後からもらえます。

※ 被保険者期間とはなにか?

この「被保険者期間」とは、単に雇用保険に加入していた期間ではありません。離職日から過去に遡って1ヶ月ごとに区切っていき、賃金支払日数が「11日以上」ある月を「1ヶ月」とカウントします。もし、資格取得日が2年以内にあると、最後の期間が暦月1ヶ月に満たないことがあります。その場合、最後の中途半端な期間に暦日が15日以上あり、かつ賃金支払日数が11日以上あるなら、「2分の1ヶ月」とカウントします。賃金支払日数とは、月給制の場合、欠勤控除がなかった月はその月の暦日そのものです(「31日」の月なら、賃金支払日数は「31日」となる)。欠勤控除があった場合には、実際に賃金計算の対象となった出勤日数のこととなります。

グルメキャリー

具体例を図にしますと、あなたが3週間ほど欠勤した1ヶ月は、被保険者期間とカウントされません。ほかにまったく欠勤していなかったとしても、被保険者期間は「11・5ヶ月」にしかならず、12ヶ月に不足します。結果として、あなたは基本手当をもらうことはできません(ただし、離職日以前2年間に、前職の被保険者期間があれば、合算できる場合があります)。

グルメキャリー

仕事をやめた時に再就職に向けて就職活動をしっかり行っていること。

また、退職日より一年前から被保険者期間が半年以上なければいけません。

複数の会社を渡り歩いたとしても失業保険がもらえる可能性がある

いくつかの会社にまたがって勤めていたという人でも、被保険者期間は合計することができますので、失業手当が受給できたりします。

再就職まで1年以上が経過している人や以前の会社をやめた時に失業手当をもらっていたという人は、合計はできないので、調べてみてください。

失業保険はどれくらいの金額がもらえるの?

まず受け取れる金額は、働いていた職場での給料に左右されます。

失業手当の金額はおおよそ離職前の給与の50%〜80%で、

年収が低いほど80%近くもらえる
年収が高い人ほど50%近くになる

失業手当がもらえる期間については下記となります。

ハローワーク
24歳年収300万、1年10か月働いた一般の離職者の人を例にとってみると

2月に会社を辞めて、離職票が送付されてくるのが1週間~3週間、その離職票をもって、最速でハローワークで失業手当の申請をします。申請をした日から待期期間7日後3か月後から失業手当がもらえますので6月か7月頃に受給スタートとなります。

そこから1か月ごとに離職前の給与の50%〜80%が振り込まれます
3回振り込まれたら失業手当受給完了となります。

おそらく年収300万であれば、14万~20万ほど三か月にわたってもらえると思います。
この例なら、総額50~60万程度です。

失業手当を受け取る前に転職に成功したら?

avatar
失業手当の手続きをしたけど、手当をもらう前に内定が決まってしまうとどうなるの?
avatar
それは、残念ながら失業手当は貰えませんしかし、転職祝い金というものがもらえますよ!

就職祝い金(転職祝い金)とは

失業手当でもらうはずだった総額の半分を一括でもらうことができます。(再就職祝い金ともいわれます)
失業手当が20万x3=60万円だったとすれば、約30万円の就職祝い金(転職祝い金)がもらえることになります。

私も以前転職したときは、失業手当を受ける前に内定をもらい、入社後会社の人に転職した証明書のようなものを書いて、ハンコを押してもらい、ハローワークに送付した後すぐに30万円が振り込まれていました。

就職祝い金(転職祝い金)が貰えるのにも制約がある

転職金をもらうためには、待期期間7日を過ぎたのち、失業手当をもらうまでに転職する必要があります。(失業手当の給付日数の3分の1以上あれば受け取れます。)

待期期間が過ぎてなくて、転職してしまったらもらえません。

転職した日っていつのこと?

内定が決まり入社する意思を会社に連絡した日が転職日です。

入社することが決まり次第、早急にハローワークに報告してください。

入社してから、会社に入社証明書を書いてもらいハローワークに送付してから一か月後に口座に再就職祝い金が振り込まれます

国が認めた転職エージェントを使わないともらえない?

職業紹介者とは、民間の人材あっせんサービス、俗にいう転職エージェントです。

ハローワークもしくは国が認めた職業紹介事業者を介して転職をした場合にもらえます。

国に認められた転職エージェントを使わないと、転職祝い金がもらえません

avatar
ほとんどの人が転職エージェントを使って転職すると思いますが、きちんと国に認められている転職エージェントなのかどうか調べましょう

国に認められた転職エージェント👇

【パソナキャリア】 マイナビジョブ20’s マイナビエージェント

再就職手当の受給条件は結構細かいので、失業手当の申請をして、ハローワークの講習を受けたときにもらえる手引きを熟読してください。

※知らないと怖い不正受給

avatar
転職祝い金は失業保険の半額になるのかー、転職しても黙っていれば、失業保険貰えるんじゃないの?
avatar
やろうと思えば失業手当も転職祝い金も不正受給できてしまうけど、不正受給がばれると不正金額の3倍返しで請求されます
だから不正受給はダメだよ!

知らずにやってしまっても不正受給と認定されることがありますので、ハローワークから渡される失業手当の手引に書いてあるとルールは熟読しましょう。

まとめ

失業手当がもらえるようにしておくことで、すぐに再就職ができなくても、ある程度の収入を得ることができるようになります。

失業手当を受給できるのにそれなりに時間が必要なので、おそらく多くの人はそれまでに転職をしていることでしょう。

その場合は失業手当の総額の半分ですが、転職祝い金は一括でもらえますので、ご安心ください。

最後にもう一度言いますが、不正受給は絶対ダメですよ!