短期の仕事の特徴と種類を紹介していきます。

スポンサーリンク

短期の仕事の特徴

短期の求人は、正社員の仕事や長期で働くパートやアルバイトの仕事と違います。

仕事内容が明確で、何日間、何の仕事をするかはっきりさせた上で仕事をするのが短期の仕事の特徴です。

派遣の仕事

主に短期の仕事というと、ほとんどが派遣の仕事が当てはまります。

お勧めの派遣会社の記事を載せておきます。

派遣会社って非常にメリットばかりだと思います。

派遣で働くメリット

・正社員になりたいときに派遣からなる方法がある

・自分の時間を大切にしたい

・副業があるので絶対に定時で帰りたい

・人間関係が煩わしい

このように派遣は非常に自由がききます。

もし派遣先の会社が気に入らなければやめやめて他の会社に移してもらえばいいんです。

仲介も派遣の担当員がやってくれますので、問題が起きたときでも安心です。

お勧めの派遣会社

日雇いの仕事

賃金は日払いや週払いなど仕事によって様々で、一日限りの仕事を行い、その日のうちに賃金を受け取ることもあります。

短期の仕事は訓練や技術が要求されるようなものは少なく、人数が集まれば対応できるような仕事になりやすいようです。

例として、建設現場の作業や野球場での販売などがあります。イベントの設営のような仕事は短期の求人も多いので、スポットで働きたい人におすすめです。

主に体を使うような仕事以外にも、単純作業や軽作業は、繁忙期に限って短期の求人が出るケースがあります。

短期の仕事は、限られた期間内しか仕事ができないという人にはちょうどいいものでしょう。いくらかのお金を稼ぐため、大学生や専業主婦が仕事をすることもあります。

お勧めの日雇いサイト

短期の仕事はこんな人にオススメ

煩わしい人間関係が嫌いな人

きつい職業だったとしても、短期の仕事なら気持ちを切りかえて乗りきることも不可能ではありません。

日払い形式であれば、その日の労働の対価をその日じゅうに受けとれます。

短期の仕事は、最悪嫌になったらいつでも自分の都合で仕事をやめることができるという点で、気軽に働くことができます。

副業を成功させたい人

やりたい副業があり、それに専念したいと思っている人は、派遣のような短期の仕事をするべきです。

正社員だとなにかと上司の顔色を伺ったりで無駄に残業してしまったり、無駄な飲み会に行ってしまったりと、何かと無駄なことで時間が奪われます。

しかし、短期の仕事ならば、そんな煩わしいことは少なくなりますし、定時で帰って、副業をする時間を持つこともできます。

もし先ほど言ったようなことが起これば、すぐに仕事を辞めることもできます。

このように副業で成功したいなら、短期の仕事はお勧めです

既に副業で稼いでいる人

(副業というよりも、フリーランスといった方が適正かもしれませんが、、、)

副業をメインの収入としている人は、短期の仕事は非常にメリットがあると言えますね。

正社員になってしまったら、収入としては非常に安定するかもしれませんが、「2足のわらじ」は大変ですし、正社員の仕事が忙しくなったら副業に支障をきたしてしまったり、辞めるにしてもなかなか辞めずらくなります。

一方で短期の仕事ならば、世間体を気にしなくてもいいですし、収入も入ってくるし、何と言っても契約が終われば速攻でフリーになれます。

だから、副業で稼いでいる人は短期の仕事に向いていると言えますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか、短期の仕事の種類と特徴が分かりましたか?

最近は会社に縛られない生き方が主流になりつつあります。

正社員になったとしても、安定というわけではありません。

それならば心身ともにフリーな短期の仕事をしつつ、副業や自分で稼げる方法を実践してストレスフリーな生き方をするのも楽しそうです。

お勧め記事

就職活動が終わらない、そんな時人材派遣会社へ登録するメリットとは?おすすめ派遣会社4選

派遣のメリットとデメリットとは?正社員との違いとオススメの派遣サイト