avatar
外国人留学生が日本で就職するのは難しいの?

結論から言うと、外国人留学生が日本で就職するのはすんなりとはいかないのが現状です。

しかし、就職支援や就職情報の中では、日本で働きたい外国人用の情報を集めたというものもあります。

ネットで検索をかけると求人情報サイトの中には外国人への求人情報ばかりを集めたものも数多く見られます。

外国人留学生が日本で就職する時の問題点とはどんなことがあるのでしょうか?

またどうすれば、外国人留学生が日本で就職できるのかをご紹介致します。

スポンサーリンク

外国人が日本で就職する時の問題点

外国人留学生が日本で就職できる確率

日本学生支援機構によると、日本の大学を卒業した外国人留学生は、「約3万7000人ほどいるらしく、このうち日本で就職できたのは約1万人しかいない」というデータがあります。

このデータからわかるのは外国人留学生が日本で就職するのはなかなかハードルが高いと言えますね。

ちなみに、大学を卒業した日本人の就職率は9.5割と高いです。

なぜ外国人留学生の就職率が低いのか?

1・外国人留学生が就職するための情報が少ない

外国人が日本で就職しようと思うのならば、情報網を張りめぐらせておく必要があります。幸運や有力人物の助けがあてにならないなら、天佑を待つよりは自分で拓いていかなければならないでしょう。

そもそも何をすべきなのかが思い当たらないという方もいるのではないでしょうか。

2.外国人留学生を支援する機関が少ない

就職支援に関しては、外国人が利用できるハローワークの相談口も全国各地で増加しているようです。

とはいえ、外国人を対象とした日本国内の求人の数はそう多くはなく、人材を活かし切れていないようです。

そもそも外国人留学生がどうやって就職をしているのか日本人ですら知っている人は少ないでしょう。

外国人留学生が就職するために

1、外国人留学生が就職するために必要な情報を集めましょう

就職支援設備には、外国人を対象としているところがあります。

外国人が就職活動をする時の面接での注意点や履歴書や経歴書には何を書けばいいのかなど、就職活動の際に重視したい様々な情報を得ることができるでしょう。

2、外国人留学生を斡旋する機関に仲介に入ってもらう

外国人留学生が単独で求人情報を集めて、応募することは難易度が高いです。

なので、外国人留学生を専門に求人を紹介してくれるエージェントを利用しましょう。

探したい求人情報を教えてもらうことも可能で、相談にも乗ってもらえます。費用はかからずに求人情報の閲覧や紹介が求められますので、使って損をすることはまずありません。

まとめ

外国人が日本でスムーズに就職活動を進めるには、専門機関やネットの情報を使いこなす必要があるのです。