転職はやり方を知っていることが重要

ノウハウを知った上で転職活動をすることは、とても重要です。転職活動は、効率的に的確に行うべきです。転職を思い立ったら、すべきことは情報収集です。

まずは、転職をする大まかな流れを理解しましょう

退職から入社までの期間別、就活の仕方

せっかく会社を退職したから、少しくらい羽を伸ばしたいという方は多いですよね、ですがあんまり羽根を伸ばしすぎると、転職活動に響いてしまう場合があります。

だから、どのくらいの期間まで就活に影響がないかは知っておくほうが良いでしょう。

さらに、期間があかない場合とあく場合とで転職活動の進め方も変わりますので。
そこらへんも気をつけましょう。

退職して入社までの期間をあけたくない場合

・転職したい

・自分のやりたい職種が決まっている・決まっていない人

・転職エージェントと専門転職エージェントに登録する

・転職エージェントと面談してどういう求人があるのか面談

・職務経歴書・履歴書を作成して転職エージェントに添削

・10個ほど求人を決めて応募する

・各社志望動機・面接対策をする

・1次面接を通ったくらいで現会社に退職願を出す(会社によって退職願を出すタイミングは違うと思うのでやめるタイミングはそれぞれ異なると思います)

・有給消化時に最終面接・志望する会社の面接を引き続き受けます。

・有給が終わってすぐに入社できるタイミングがベスト!

退職から新しい会社に入社するまでに期間があく場合

・転職したい、退職してから少し休みたい

・退職後2週間はゆっくり羽根を伸ばしてから転職エージェントに登録

・また退職後二週間ほどで会社より離職票が送られてくるので、ハローワークで失業保険の申請をする

・転職エージェントと面談してどういう求人があるのか面談

・職務経歴書・履歴書を作成して転職エージェントに添削

・10個ほど求人を決めて応募する

・各社志望動機・面接対策をする

・1次面接を通ったくらいで現会社に退職願を出す(会社によって退職願を出すタイミングは違うと思うのでやめるタイミングはそれぞれ異なると思います)

・退職後2か月目頃には、最終面接が何個か決まっているのがベスト

・退職後3か月以内に内定ゲット、ハローワークで転職できた旨を伝えると転職祝い金ゲット!(30万くらい)

・志望企業に内定ゲットできれば、あとは入社までゆったりのんびり過ごせます。

転職祝い金とは?

期間があく場合、ハローワークで失業保険の申請をしましょう、失業保険を受けられるのは3か月後とかですが、失業保険を受け取る前に転職成功すると、転職祝い金というものがもらえます。

失業保険を受けるにしろ受けないにしろ、この手続きはしておいたほうが良いです。

退職して入社までに期間があく場合の注意点

・退職してから入社まで3か月を超えないようにしよう

期間があいても別に構わないという人は、現会社を退職して3か月以内に内定をもらうように動きましょう。

空いていた期間資格を取っていたなどそういった理由がないと、3か月以上空いてしまうと、計画性がない人・真面目に就活してない人だと思われます。

様々な転職をする為のツールや教材を利用しよう

転職のノウハウに関する書籍やサイト、求人支援サイトなどを見て、必要な情報を集めましょう。転職支援サイト、人材あっせん会社、ハローワーク、新聞の折り込み広告など様々な方法が存在します。
ノウハウをしっかり理解した上で、転職情報に関するツールを使用すれば、スムーズな転職活動が可能になります。

転職エージェントの役割

人材あっせん会社・転職エージェントでは、一人一人と面談を行い、どんな仕事への転職を望むかを踏まえて求人企業とのマッチングを行います。
面接日までの段取り決定や給与交渉など、現段階では話しにくい内容についても代わりに進めてもらえます。

企業は転職支援会社を利用することで、採用決定時にお金を支払っています。
そのため、仕事を探す側からの費用は発生しません。インターネット上では人材斡旋会社を利用して転職活動を成功させた人の、体験記が数多く掲載されているようです。
目を通しておくとヒントになるものがあります。

もちろん、人材あっせん会社は担当者によって良し悪しな面もありますので、その点もお忘れなきように。

まとめ

転職のノウハウを入手するのはもちろんの事、転職活動の計画を立てて、計画に沿って実行できるようにいろいろな情報を収集し整理する必要があります。最近はインターネットのサイトや本を通じて、転職に必要なノウハウは比較的簡単に入手できます。ノウハウを有効利用して、転職を成功させましょう。