派遣の仕事は、求人先の会社が直接雇用するのではなく、派遣会社が雇用するという形です。

そのため、正社員と派遣社員を比較すると福利厚生や給与は一段下がります。
しかし、派遣で働くことで、正社員として仕事ができる道筋ができることもあります。正社員として採用される機会を得ることになるかもしれません。

派遣で働く場合、最長で三年間が一つの企業で働く期間の限界とされています。企業側は、派遣社員に働き続けてもらうため、正規雇用をすることがあります。
派遣の求人にも色々な種類がありますが、紹介予定派遣は正社員になることを想定した採用でもあるので、上手に使いましょう。正社員を目指して派遣の求人を探すのであれば、ハローワークの求人を探すのもいい方法です。
派遣の求人を出す会社の中には、人材会社の他にもハローワークに求人を出すところもあります。いきなり正社員にとして雇うのではなく、最初のうちは非正規雇用という形で様子を見るという方針を立てている会社もあるといいます

。正規雇用が見込まれる求人には、多くの人が応募するので、人材派遣会社としてもそれなりの優秀な人材しか推薦してはくれません。希望する派遣の求人を派遣会社から紹介してもらえないという場合は、ハローワークで自力で求人を探すか、他の人材紹介会社に登録してみるというやり方があるでしょう。