avatar
履歴書でも志望動機を書くのが苦手
avatar
志望動機考えるのってめちゃくちゃめんどくさい

もちろん企業研究と会社調べは大事ですが、調べたうえでその会社の何が魅力に映ったかは人それぞれですよね?

avatar
どうして弊社に応募したんですか?
avatar
御社を志望した理由としましてはうんたらかんたら、(そんなの下調べした結果、仕事が楽で定時に帰れるからに決まってんだろ)

とか思いながら、私は転職活動してました。

やりたい仕事ができる会社の志望動機ならまだしも、誰もがやりたい仕事だけで入る訳ではないし、本音は仕事が楽そうだからとか定時で帰れそうだからとか、給料が高いとか、ボーナスが高いとか、仕事内容以外で志望するという人の方が絶対多いですよね。

しかも、履歴書って文章自体考えるのがめちゃくちゃめんどくさいし、手書きの履歴書って間違えたら初めからやりなおしだし

履歴書作成が苦手

履歴書のめんどくさいところって、手書きの所と志望動機を考えるところだと思うんですよね。

履歴書手書きが嫌い

私は手書きの履歴書がかなり苦手でしたし嫌いでした。私は特に転職時に履歴書が手書き以外の会社を重点的に攻めてました(笑)

そんな理由で転職先決めていいの?って思われるかもしれませんが、それほどめんどくさかったのですよ。

しかし転職エージェントと共に企業をどんどん調べていくうちにこの会社とてもいいなと、そう思った会社って不運にも履歴書手書きなんですよね。

なんで職務経歴書はパソコンでいいのに履歴書は手書きなのか?超絶メンドクセーです。

志望動機を作成するのが辛い

新卒の時履歴書の内容を夜遅くまで考えて、書くのを間違えたら初めからやり直し、、、

ということを何回もやったのはいい思い出です。
さらに一番めんどくさい行事として、志望動機を考えるのめんどくさかったですね。

優良企業の採用担当は履歴書をしっかり見ている

転職活動のために作成する履歴書には、住所や生年月日、学歴や職歴といった個人情報だけでなく、趣味や志望動機、資格取得も書き込むことになります。

繰り返し履歴書を作成していると段々億劫になってきて、履歴書の項目を文字で埋めることができればいいやって思えてきますよね?

だけど、おざなりに作成した履歴書は、担当者にはすぐ気づかれてしまいます。本当に履歴書って面倒ですよね~

※ ちなみにブラック企業の担当者程履歴書を見ません。

転職時にも履歴書は必要

転職活動を行う時に必ず作成しなければならないものが履歴書です。

転職をする上で、履歴書は必須の書類です。

求人を行っている企業に応募する時に必ず提出することになります。履歴書は、転職をするためには避けて通れない物です。

代わり映えがしないと感じる人もいるでしょうが、必要な物であることは変わりありません。履歴書なんてなくなればいいのに、、、

採用する側は履歴書をよく見てる

文字の読みやすさだけでなく、判子のつきかた、写真の貼り方などの様々な項目をチェックしている企業も存在します。

会社側にとっても、これから一緒に働く人を探すことになるのですから、細かな点までを検討しようといるのです。

履歴書が不出来だと

履歴書のクオリティが低いと

「人生の一大事である転職に臨む際に文章作成1つにも丁寧に取り組めない人なのだろうか?」という印象で見られてしまいます。

というわけで、そんな超絶めんどくさい履歴書の志望動機を楽に作成できる裏技を教えます。

簡単に志望動機を作成する裏技とは?

志望動機を考えるのが辛くて辛くてどうしようもないという人に関しては、裏技がありますのでご安心下さい。

私みたいに手書きの履歴書を書くのが嫌な人も代行で書いてもらいましょう。

裏技1、ココナラで履歴書代行してもらう

ココナラで試しに履歴書代行で調べてみてください。腐るほど代行してくれる人が出てきますので(笑)数千円でお願いできます。

サービスをさがす

履歴書の添削もしてくれる人もいます。

※ さがしたら履歴書を代筆してくれる人もいるかも

裏技2、ランサーズで募集する

・「履歴書の志望動機を募集します報酬額はoooo円です」と募集すれば勝手に集まってくるのでその中で評価良い人に頼むということができます。

・履歴書を自分で手書きで書くのが嫌な方も募集すればいいんです。

作ってもらった志望動機は面接でも応用できる。

この志望動機は面接でも使えますので、なかなか使い勝手良いでしょう?

これでスムーズに面接に集中できますね👍

ちなみに私は日常的にココナラをフル活用しています。
モノを買うのはアマゾンですが、人の技術やスキルを買うってのは値段がつかないように見えて、実は相場がきまってたりします。

スキルは買う時代

ココナラでは高クオリティのスキルを持った人たちがごろごろしてますので、有能なスキルを買うならココナラは最強のツールです。

まとめ

志望動機代行って倫理的にどうなの?って人は自分で書きましょう。

ただし、目的は志望する会社に内定をもらうためなので、手段は選ばず、目的達成の為やれることなんでもやることが時には必要ですよ。

倫理がどうのこうので結局内定貰えなかったら全く意味ないですよね?この不平等な人生を生き抜く為には使えるものは使っていきましょう。

結局は仕事を要領よくできる、利益の出せる人間を会社は欲しがりますので、たとえ履歴書を代行してもらおうとほかに会社に行かせる強みがあれば全く問題ありません。

苦手な履歴書造りは代行してもらって、得意のスキルを面接でアピールする。たとえ履歴書代行がばれても、「多少手段は択ばないけども、目的達成能力としては優秀だと」会社は判断するかもしれません。

実際、職務経歴書なんかは転職エージェントがほとんど用意してくれたりもします。

納得のいく履歴書を作成してもらって、大事な節目となる転職活動をやり遂げるようにしましょう。