新卒で採用されて、定年まで働くという従来のスタイルから、キャリアアップをはかりながら転職を重ねていくという働き方が、一般的になりつつあります。

スポンサーリンク

日本では転職が多いほど否定的にみられる

とはいえ、日本ではまだまだ転職に対する視線が厳しいのも事実です。

若いうちに転職を繰り返すと我慢が足りない、年齢を重ねての転職は融通がきかないなど否定的な評価を受けてしまいます。

アメリカでは逆になる

余談ですがアメリカでは転職回数が多いほど、キャリアを積んでいて優秀という風潮があります。

おすすめは働きながら自分がやりたいことを見つける

転職ばかりしているとキャリアの向上に至らないこともありますので、転職は慎重に行う必要があります。

若いうちは、あまり制限をすることなく経験を積みながら、徐々に仕事でやりたいことを見極めることが大切です。

ある程度社会人をすることは大事

ある程度社会人として経験を積んでいくことが大切かなって思います。
あってるか会っていないかは数年ある程度同じ会社で働いてみないとわからないですし、働いているうちに本当にやりたいことが出てくることが多いです。

ブラックは論外です

とはいえ、もちろん人の道理に反してる理不尽な扱いをしてくるブラック企業は論外ですので速攻辞めましょう。
そんな会社で働く価値ナシです。

働きながらお金の流れ・社会の仕組みを知ろう

ここで大切なのは、社会の仕組みとはどのようになっていて、自分にとって働くこととは何を意味しているのかを、じっくり考えることが大事です。

この社会の仕組み、お金はどこに集まるのかを考えて理解していくと、おのずとお金を稼ぐ方法は無限大ということにたどり着くでしょう。

経済の仕組みを知れば可能性は無限大になる

そうすれば、「フリーランスでお金を稼ぐなんて難しそう」「サラリーマンになる以外お金を稼ぐ方法なんてない」だと思っていたけど、好きなことをしてお金を稼ぐフリーランスも現実的だと感じるようになることでしょう。

気づけばお金を稼ぐ方法は周りにごろごろ転がっていることに気づきます。まさに可能性は無限大です。

最近の転職事情

かつては、一度でも転職をすると以後の仕事探しに不利になったようですが、最近はそこまで後に響くことはありません。
30代以降になるとそれまで培った経験やノウハウを活かした仕事に転職すると良いでしょう。

30代の転職は?

この年代に求められるのは即戦力ですから、まったくの素人分野を転職先に選んでスキルアップを図ろうとしても採用される確率は低くなります。
35歳以降の転職活動は、自分が提供できる能力と会社が探している人材が一致しているかどうかを重視することになります。

まとめ

新しい分野に飛び込んでいくときも、自分の積み上げた知識やノウハウがどう活かせるのか、その新しい分野にどんなメリットをもたらすのかをしっかりとアピールしていけるようにしましょう。

キャリアアップの機会でもある転職を、人生の要所要所で活用することで、自分の能力を生かせる職場で、やりがいのある仕事ができるでしょう。

転職を考えたら、転職エージェントに登録して面談してもらうことがお勧めです。
その後に今の会社が良いのか、転職するのかを考えるのが良いです。

転職にお勧め記事

転職エージェントとは?お勧め転職エージェント3選

採用でお金がもらえるアルバイト求人サイトとは?お勧めアルバイト求人サイト

就職活動が終わらない、そんな時人材派遣会社へ登録するメリットとは?おすすめ派遣会社4選

日払いの仕事の特徴とは?アルバイトと派遣とどう違うの?お勧めの日雇いサイト

主婦が仕事探しをするには、主婦におすすめの在宅ワークの求人・アルバイト求人サイト一覧