avatar
面接が苦手な人
面接がとても苦手で、本番になると自分が何をしゃべっているのかわからなくなって気まずい空気が流れてしまう、、、トラウマになってしまいそう、面接が上手くなるにはどうすればいい?

就職活動で大切なことは、採用面接で相手にいい印象を持ってもらうことです。

どんな企業でも、採用の決め手になるものは面接の受け答えをきちんとできるかどうかに関わっています。

しかし、面接って独特な雰囲気なので、その雰囲気にのまれてしまい、本領発揮することができなく、結局何が言いたいのかわからずじまい、、、

こういうことってありませんか?

結論を言うと、面接に失敗する原因のほとんどが「準備不足」のせいです。

どうすれば面接をクリアできるかを知っておくことで、難関の多い就職活動を、突破することができるようになります。

面接では事前準備が一番大切!

前回も言いましたが「面接では準備が何よりも大切」です。

自己紹介で何を言うべきかを大まかに考えておくことが、面接を受ける時には必須になります。

どんなことができて、どんなことがアピールポイントで、今関心を持っていることは何かなどを考えておきましょう。

ほとんどの面接では、この会社に採用を希望する理由を尋ねてきますので、要点をまとめておきましょう。

その会社に就職できるチャンスは一度きり

何度も行っていれば面接でのやり取りや自己アピールは上手くいきますが、自分の希望する会社の面接というのは一度しか受けられません。

ここぞという面接のときにうっかりミスしてしまわないように、前もってリハーサルをしておくことが大切だといえるでしょう。

面接の事前準備とは何か?

面接の事前準備とは面接で喋ることをあらかじめ決めておき、そのセリフを何度も繰り返し練習することです。

何度も行っていれば面接でのやり取りや自己アピールは上手くいきますが、自分の希望する会社の面接というのは一度しか受けられません。

ここぞという面接のときにうっかりミスしてしまわないように前もってリハーサルをしておくことが大切だといえるでしょう。

 リハーサルのやり方

面接でよく聞かれるのは主に下記4つとなります。

・挨拶
・自己紹介
・よく聞かれるであろう王道の質問
   (前職を辞めた理由、希望年収、将来就きたいポジション、、etc)
・志望動機

この4つの流れを紙に書いて、自分が言うべきセリフについて脚本を作るのです。
その後セリフを読んでみて、おかしな部分は訂正してという風に練習します。

ある程度何を話すのか覚えてきたら、紙なしでリハーサルをしてみるのです。
リハーサルで上手くいけば、面接になれていなくても本番でそれなりにしゃべることができます。

結果的に、面接を繰り返していくうちに、慣れてきてリハーサルの回数も少なくて済むようになります。

想定していなかった質問が飛んできた場合

この方法には弱点もあります、想定していなかった質問が飛んでくる場合があります。

そこは面接に慣れていればアドリブで答えれますが、面接慣れしている方はそういないでしょうから。

avatar
分からなければ素直に「わかりません」でも問題ありません。

情報収集は必ずする

どんな企業なのか情報収集をすることで、面接に答えやすくなります

会社を取り巻く環境や業界の動静も把握することで、面接の時に深いところまで踏み込んだ話ができるようになります。

正しい答え方は面接にはありませんし、聞かれる内容も企業によって違うことが、面接準備を難しくしています。

しかし、企業の情報を何も知らないと、「面接で何も知ろうとしていない=会社に興味がない」と見抜かれてしまいます。

分かり易く要約して伝える

面接で高い評価を得るためには、前向きでやる気をアピールできるようなことを、短い言葉でわかりやすくまとめることです。

たまに長ったらしくくどくど喋った挙句、結局何を言いたいのかわからない人っていますよね?
面接官はある程度短時間で人を見抜けるようには経験を積んでいますので、「この人何を伝えたいのかわからない人だ」と思われないようにしましょう。

どのように答えると面接ではうまくいくのかは、様々な書籍が出ていますし、講習会なども開催されています。面接を突破し、働きたい会社で仕事ができるように準備を入念に行っておく必要があります。

avatar
最後に一言、「準備」が一番大切

面接会場の行き方を確認しておく

会社によってはわかりにくい場所にある

必ず面接会場まで行く方法や会社のある場所を確認し、行くまでにかかる時間を調べておくようにしたほうが良いでしょう。


どんなふうによくある質問に答えるかなど、面接の細かい準備を面接を受ける前にあらかじめしっかりとしておくことが重要ではないでしょうか。

忘れものをしないように

忘れ物をしないこと、きちんとした身なりで行くことも面接の基本

忘れ物がないように、きちんと募集要項の持ち物の部分に目を通しておきましょう。会社によっては「こんなものいるの?」というようなものが指定されていることがあります。

スーツやワイシャツにアイロンをかけて、必要な書類はしっかりと支度しておきましょう。

面接を迎えるためにも早めに寝て、しっかりと体調を整えるように心がけましょう。

事前準備

・面接のリハーサル

・面接会場までの道のりの確認


・募集要項をよく読んで、忘れ物がないように

面接での裏技

転職エージェントに前もってどんな質問が来るのか聞くことができます。
私は毎回聞いていました(笑)

転職エージェントに面接の練習相手になってもらう

中途の人は、転職エージェントに面接の練習とコツを聞いたり、練習相手になってもらうのもお勧めです。

私も転職エージェントには非常にお世話になりました。

さすがに面接の練習相手になってもらうのは私は恥ずかしかったので、頼みませんでしたが、

avatar
転職エージェントの会社で面接の講習とかが開催されていて
そういうものに参加したり、どんなことに気をつけたらいいのかなども教えてくれました。

いろいろ勉強にもなって非常に助かったのを覚えています。

練習相手になってもらうメリットとは?

面接の場で自分がどんな精神状態になるかがわかる
質問に対してどう答えるといいか客観的な助言がもらえるので参考になる

実際に面接の立った時にどんな雰囲気なのかを事前に知っておくことは心の準備にもなりますし、具体的な対策が立てやすくなります。

avatar
採用面接はやり直しがきかない分、強い緊張を感じますよね?

対策をしっかり行って、予行演習などを済ませておくことで、緊張感を緩和して話しやすい精神状態にしておけます

まとめ

おさらい

・面接のリハーサル

・面接会場までの道のりの確認


・募集要項をよく読んで、忘れ物がないように

採用面接での質問は定型になるものがありますので、よく出る質問の答えを用意しておくことも面接対策になります。

転職で大事なことは、採用面接の場で自分がどんな能力があり、会社にとって有用な存在であるかを話せるようにすることです。

面接官の心に訴えかけて印象に強く残るような内容をまとめておくようにしましょう。

質問に対する回答をスラスラと口に出せるようにしっかり練習しておくことが望ましいです。

直前になれば、前もって準備している人はもうリハーサルは不要と思う人もいるのではないでしょうか。

そうはいっても本番になると肝心なことは忘れてしまうことがあるものなので、練習しておくことは大切なことです。

しっかりと転職の動機や自分のできることなどを、まとめて話せるようにしておくことが重要です。

面接お勧め記事

新卒の就職活動時の面接試験の対策方法、なぜ面接官は答えにくい質問をするのか?

面接の事前準備、リハーサルとおさらいが一番大切で効果的

面接が苦手?面接で成功するには、事前準備が一番大切

面接時、志望動機での注意点とは?

転職の動機を面接で上手く伝える方法、ネガティブ前職のことはプラスな表現でアピールする

転職にお勧め記事

転職エージェントとは?お勧め転職エージェント3選

採用でお金がもらえるアルバイト求人サイトとは?お勧めアルバイト求人サイト

就職活動が終わらない、そんな時人材派遣会社へ登録するメリットとは?おすすめ派遣会社4選

日払いの仕事の特徴とは?アルバイトと派遣とどう違うの?お勧めの日雇いサイト

主婦が仕事探しをするには、主婦におすすめの在宅ワークの求人・アルバイト求人サイト一覧