就職試験に作文課題が出た場合、どんな文章を書けば採用されやすいでしょうか。まずは自己中心的な姿勢を述べたり、会社へ入ったら車を買おうとか、海外旅行へ行こう等の仕事と無縁な内容の文章構成を決してしないように注意しましょう。

就職作文を出す会社の狙いとは?

就職作文を希望者に課する会社の狙いがわかっていないと決定的な失敗に繋がることもあります。
わかりやすさを重視して文章を作ることは、作文を仕上げる際には絶対に意識しなければならないことです。
具体的にわかりやすい文章を書くためにはどのような表現を心がければいいかがわからないかもしれません。背伸びをして小難しい理論を振りかざしたり、あえて難しい言い回しを使ったりせず、平易で適切な言い回しをしましょう。

これは珍しい話ではありませんが、知っていることが関わると専門的な用語や他人は知らない考え方をひけらかしたくなる人は時折います。
けれど、会社側からしてみれば、ただ難しいだけの文章を延々見せられても手間がかかるばかりで、読み飛ばされる危険性も存在します。
誰もが知っている様な言葉を用いて、平易な言葉遣いで書くよう注意しましょう。簡単な言葉ばかりだと幼稚で言葉を知らないと思われると心配する必要はありません。
誰もがわかる文章こそ、読み手の立場を理解しようとする姿勢が伝わるものです。独りよがりの威張り屋ではなく、話しやすく親しみやすい人物であることが、就職作文で伝わることを大事にしましょう。