単発の仕事や短期の仕事の中には、日払いで給与を出す旨が、求人欄に記載されていることがあります。

日払いで賃金を得られる仕事とは、一体どういったものでしょうか。仕事は正規と非正規との2種類があり、前者は正社員として働くもの、後者はパートやアルバイトとして働くというものです。

正規社員は雇用契約の締結などについて法律でもさまざまな条件があります。一旦正社員として雇い入れた場合は、会社の事情だけでクビにはできません。パートやアルバイトの場合も、一定期間雇用する事がほとんどです。
賃金の支払いは月単位にまとめて行われることが一般的です。単発の仕事や日払いならば、一日の仕事によってお金を得ることができるでしょう。早く現金が欲しいという人に日払いの仕事は適しているわけです。
こまめに給料が支払われる日払いでは、その日限りで仕事を終わりにすることもできます。日払いの仕事は、建築現場の作業員や警備員といった、主に体力がいるような仕事が多いイメージがあります。
これ以外には、ラベル貼りやDMなどの単純作業も含まれます。意外なところでは、フリーの演奏家も賃金の支払いはその都度行われるので、ある意味日払いの仕事とも言えます。